ブログ Blog

自筆証書遺言の注意点

紛争が起こる可能性を具体的に事例で見てみましょう

Aには、B・C・Dの3人の子供がいます。

Aの配偶者はすでに他界し、BとCはそれぞれ家庭を持ち生活しています。

Dは仕事もせずAと同居していました。

 

AはDの将来を案じ、Aが所有する不動産、預金、株券などの財産をすべてDに相続させる旨の自筆証書遺言を残して亡くなりました。

 

この場合、遺言により、Dが全ての財産を取得することになりますが、子供には遺留分があるため、DはBとCから遺留分侵害請求をされる可能性があります。

そのため、紛争が生じる可能性があり、話し合いで解決ができない場合には、調停や訴訟に発展することになります。

 

自筆証書遺言は簡単に作成することができますが、気をつけて作成しないと、かえって紛争を誘発してしまうため、注意が必要です。

遺留分侵害請求ができる人

 

相続人のうち兄弟姉妹以外の人が請求できる権利です。

つまり、亡くなった人の配偶者・子・親・祖父母になります。

遺留分侵害請求ができるとき

 

相続財産が、その遺留分額に達しないときに、その足りない分を請求できます。

 遺言書のご相談、お問合せは、こちらからお願いします。

ページ上部へ戻る